スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
糸隠し(2) (タティングレース)
作っている最中に糸が足りなくなったときは、
新しい糸にかえなくてはなりません。
糸の色を変えるときも、糸の継ぎ足し方と同様の作業をします。


決して、チェインやリングの途中で糸をかえてはいけません。
そんなことしたら、大変です。(やってみるとわかるけどね)

どこでかえるか?

チェインからリングに切り替える直前で、糸をかえます。


シャトル糸(shuttle thread)をかえる時は、まず、新しい糸と
古い糸を、糸をかえる位置でこま結びします。
それから、古い糸と新しい糸を隠します。
糸隠し1

はじめの糸・ピンクを新しい糸・青とこま結び。
そして青いリングを作りながら、糸端2本とも青いリングの中に隠しています。

糸端を1本ずつ隠す場合。まず、糸・青を新しい糸・ピンクとこま結び。
今度は、古い糸の端(青)をリングの中に、
新しい糸の端(ピンク)をチェインの中に隠しています。



玉巻き糸(ball thread)をかえるときは、
新しい糸の糸端(黄色)をリングに隠します。
古い糸の糸端(ピンク)は、チェインに隠します。
このとき、新しい糸と古い糸を結ぶ必要はありません。
糸隠し2

糸端2本一緒に隠す場合は、リングの根元でこま結びをして、
リングもしくはチェインに隠します。


リングに隠すかチェインに隠すか、2本隠すか1本ずつ隠すかなどは、
パターンや個人の好みによって、臨機応変に変えていくといいでしょう。

面倒な作業です。でも、糸の切りかえは必ず必要になります。
その方法を、ぜひ習得してくださいね。


Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。