スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リバースワークとねじれ(タティングレース)
チェインからリング、リングからチェインに切り替わるとき、
必ず、リバースワークします。

ひっくり返して作るので、チェインが表目のときリングは裏目、
リングが表目のときチェインが裏目になります。

パターンには、rw とか turn などと表記されますが、
記号が省略されているものもあります。

だから、パターンに do not reverse work などと断りが無い限り、
必ずリバースワークします。 ここ大事!


このリバースワーク、ひっくり返す方向が悪いと、
チェインとリングの切り替え部分でねじれる原因になります。

通常、リバースワークをする時は、持っているモチーフを
手前(もしくは向こう側)に反転します。
reverse001

そして再度リバースワークをするときは、
向こう側(もしくは手前)に反転します。
reverse002

手前に倒せば、向こうに倒す、向こうに倒せば、手前に倒す。
これが正解。


けっして、同じ方向にばかり反転していけません。
同じ方向にばかり反転すると、シャトル糸とボール糸がグリグリにねじれます。
それは、反転でなく、回転です。


もうひとつ悪い例。
本のページをめくるように、横向きに反転してしまうと、
reverse003

シャトル糸(黄色)とボール糸(赤)が交差してしまいます。
reverse004

これもねじれのもと。


リバースワーク、変な方向に反転していませんか?


Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。