スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Climbing out (タティングレース)
モチーフを作る際、普通は、一段作り終えるとそこで糸を切り、
その次の段からまた新しく作り始めます。

でも、スプリットリングやスプリットチェインを使用することで、
糸を切らずに次の段に進むことができます。


2段目まで同じパターンのものを使って比較してみます。

使用例(1)
Climbing01

1段目の最後のチェインをスプリットチェインにして、2段目に進み、
続けて2段目は、スプリットリングで始まっています。
つながりがわかりやすいように、このサンプルパターンには、
スプリットチェインとスプリットリングの間に Mock Picot を入れていません。

使用例(2)
Climbing02

1段目の最後のチェインは普通に最後まで作り、ロックジョインで閉じます。
その後、そのままスプリットリングで2段目をはじめます。
2段目の最後のチェインをスプリットチェインにし、3段目の
ジョセフィンノット付きのチェインを作り始めます。
(このサンプルパターンの3段目は、途中で終わっています)


見やすくするために、サンプルパターンは2色使いで作りましたが、
スプリットチェインやスプリットリングで段変えをする場合、
モチーフに使用する糸は、単色のみ(もしくは段染め)になります。

スプリットチェインやスプリットリングを使う場合、
2色以上使うときは、パターンと色に気をつけましょう。


Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。