スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リングのねじれ(タティングレース)
リング初心者にありがちですが、
リングを作り始めるとき、糸端が短いと、
RingNejire0

知らない間に糸端がリングの輪の中に入ってしまい、
ねじれに気づかないまま糸端が輪の中をくぐって、
ステッチが1回転してしまうことがあるようです。
RingNejire1

RingNejire2


ねじれていることに気がつかないままリングを閉じると、
こんな風に、ねじれたリングができてしまいます。
RingNejire3

糸端は、必ずいつも、リングの輪の外側に出てくるようにしましょう。
( ステッチの上側(山側)に流れるように。 )
RingNejire4


人差し指と親指でステッチの山をそろえて平らに持つと、ねじれません。

新しい目を作り足すごとに、古い目を平らにはさんで持つのが
大変になってくるかもしれません。

常にステッチが平らになるように持っておかないと、
リングがねじれる原因になるので、気をつけましょう。

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。