スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リングの持ち直し(タティングレース)
「リングを作っている最中に、やむをえず他の用事を
 しなければならなくなり、手から糸をはずして用事をすませ、
 戻ってくると、そこには作りかけのリングが横たわってる・・・。
 さて、どうやって持ちなおしたらいいんだっけ?」

RingHold1

そんなシチュエーションは、ありがちです。

ここで、リングの輪を持ち直すときに、変な持ち方をすると、
リングがねじれてしまいますので、気をつけましょう。


お勧めの持ち直しの方法です。

1:一番最後に作ったダブルステッチを人差し指の上に置き、上(ステッチの山側の方)からつまむ。
RingHold2

RingHold3

2:他のステッチの部分は、人差し指と親指の間に平らに挟むように持つ。
  このとき、ステッチがねじれないように気をつけて。

3:そのままリングの輪の中に、中指、薬指、小指を滑らせるように入れ、
  輪をピンと張るように3本の指を広げる。
RingHold4

RingHold5

いかがでしょうか。
きれいに持ち直せましたか?

きちんと持ち直さないとリングがねじれてしまうので
気をつけましょう。
Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。