スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョセフィンノット(2) (タティングレース)
ジョセフィンノット(Josephine knot)は、8~12目の
ハーフステッチのみで作られるリングです。
Josephine1

左側から
 (1) ファーストハーフステッチのみで作った
     小さめのジョセフィンノット

 (2) ファーストハーフステッチのみで作った
     大きめのジョセフィンノット

 (3) ファーストハーフステッチのみで作った
     大きめで高さに変化をつけたジョセフィンノット

 (4) セカンドハーフステッチのみで作った
     小さめのジョセフィンノット

ステッチの高さに変化をつけることで、ジョセフィンノットの大きさに
変化をつけることができます。

でもその場合、ステッチの高さの調整に気をつけなければなりません。

高さが不ぞろいだと、ガタガタのジョセフィンノットになってしまうので、
高さの調整は慎重にしましょう。


(4)のセカンドハーフステッチのみで作るジョセフィンノットは、
小さくてキュッと締まった感じに仕上がります。大きさの調整は
難しいかもしれません。

それに対し、ファーストハーフステッチのみで作るジョセフィンノットは、
大きさの調節がやりやすいと思います。

少し大きめのジョセフィンノットを作る場合は、ステッチを作る際に、
その高さをそろえる必要があります。

ステッチを作る時に、左手人差し指の腹とつめの間あたりで
糸を滑らせて、適度なステッチの高さで糸を締めて調整します。
Josephine2

Josephine3

すべてのステッチを同じ高さにそろえて、長方形のようなステッチの
配列にすると、(2)のようなジョセフィンノットになります。
Josephine4

また、最初と最後を小さめのステッチにして、真ん中に高さを出すような
扇形のようなステッチの配列にすると、(3)のようなジョセフィンノットになります。
Josephine5

Josephine6

ノットを締めるときは、ステッチがよじれないように平らにそろえて、
軽く U の字型に整えた後で、人差し指と親指で、
しっかりステッチを平らにはさめたまま、ゆっくり締めていきます。
Josephine7

Josephine8


モチーフの中にジョセフィンノットを入れる場合、
2シャトルで作るほうがきれいに出来上がります。

1シャトルで作る場合は、SLT で糸を交換します。
SLT については、また次回。

  参考) 09/09/10 ジョセフィンノット(タティングレース)

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。