スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕上げ (1) (タティングレース)
糸隠しをして糸端の処理が終われば出来上がりです。

小さなパターンの場合は、何もしなくても大丈夫ですが、
パターンが大きくなればなるほど、うねりがでてきたり、
ゆがみがあったりすることがあります。

その場合は、アイロンをかけて平らにならします。

アイロンで修正できないうねりやゆがみは、
マチ針で形を整えて、のりづけをする方法があります。
shiage0

用意するもの、使い方は、以下の通り。

 (1)マチ針
    モチーフを形を整えながら貼り付けるために使います。

 (2)マチ針を突き刺せるような板状のもの。
    板状のものは、ダンボールや発砲スチロールの
    トレーなどを使うと、リサイクルにもなります。
    モチーフより大き目のサイズを用意します。

     上の写真の青い板は、半身のサーモンがのっていた
     大きな発砲トレー2つの端を切り落として、
     つなぎ合わせて作りました。

 (3)クッキングシート
    (2)の板の上に、クッキングシートを貼り付けます。
    シートは、外側のみをセロテープなどで止めるだけで大丈夫です。
    全面をぴったり貼り付ける必要はありません。

    シートを使うのは、糊付け後、モチーフをはがしやすくするためです。

    シートに放射線状の線や円などを書き込んでおくと、
    モチーフを貼り付けるときの目安になります。

    線を書き込んだ面を板側に向けるように貼り付けます。
    (書き込んでいない面に、モチーフを置きます。)

    (2)の板に、直接線を書き込んでもかまいません。

 (4)糊付け用の糊
    糊付け用の糊は、洗濯のりや木工ボンドを薄めて使うと良いでしょう。
    3~5滴の木工ボンドに対して、60ml~100mlくらいの水で薄めます。
    最初に作る糊溶液は、「糊薄め」位のほうが、あとで直しが利きます。

    糊溶液をモチーフに塗った後、よく乾いたら、モチーフの硬さをチェックします。
    自分の好みの硬さよりやわらかいようなら、糊の量を増やすなどして調整し、
    2~3度塗り足すといいでしょう。

 (5)絵の具筆
    (4)の糊溶液を、マチ針で形を整えたモチーフにしみこませる
    ときに使います。



スプレーのりは、のりのつき方にばらつきが
でるため、お勧めしません。

手間がかかりますが、筆を使って丁寧に仕上げてください。

次回は、マチ針の刺し方について。 

続く・・・。

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。