スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョイニング(2) ロックジョイン(シャトルつなぎ)
02/17/12 ジョイニング(1) の続きです。

*** B:ロックジョイン(シャトルジョイン) ********

 参考) 07/01/10 ロックジョイン(タティングレース)


基本のジョイニングは、Bridge(人差し指と中指の間の糸)を引き抜きます。

そして、ジョイニングが終わった時点では、
ジョイニング部分はルーズなままなので、
ステッチを作り足してはじめて固定されます。


対して、ロックジョインは、シャトル糸を引き抜きます。
ロックジョインは、シャトルジョインとも呼ばれます。

ロックジョインは、ジョイニングが終わった時点で、
ジョイニング部分が固定されてしまいます。

だから、ジョイニングの前後で気をつけなければならない点があります。


1: 最後に作ったダブルステッチとつなげたいピコを一緒に固定して、
人差し指と親指でつまみます。

 * このとき、つなげたいピコはダブルステッチの下側にあります。
lkj01

 * ダブルステッチとピコを隣り合わせにくっつけた状態でつまみます。
    つまんだ部分は、ロックジョインが終わるまで、離しません。
lkj02


2: きちんとつまんだ状態で、ピコからシャトル糸(赤色)を引き抜きます。

lkj03-1

lkj03-2


3: そのまま引き抜いた糸にシャトルをくぐらせて、シャトル糸を引き締めます。
 緩みが出ない程度までしっかりと糸を締めるといいでしょう。

lkj04-1

lkj04-2

lkj04-3


((( 注意点 )))

* ダブルステッチから離れたところで引き締めてしまうと、ロックジョインは失敗です。
  
lkj05-1

lkj05-2

ダブルステッチとピコをきちんと固定しないでロックジョインをしようとすると、
ジョイニング部分に隙間ができて、こんな風になりやすいです。
確実に固定してつまんだ状態で、ロックジョインを行います。

* 引き締めが足りないと、ジョイニング部分がルーズになります。

lkj05-3

lkj05-4


* ロックジョインが終わった後、最初のダブルステッチを作る際、
  最後に作ったステッチの山のきわにファーストハーフステッチを作ります。

lkj06-1

lkj06-2
lkj06-3

きわに作らなかった場合、ステッチの間に糸のたるみが出て、
小さなピコが入った状態になり、ステッチのつなぎ目がだらしなくなります。

lkj07-1

lkj07-2
lkj07-3


普通のジョイニングとロックジョインの使い分けは
どのようにしたら良いか、と聞かれることがあります。

ロックジョインは、主に、チェインを作っている途中で、
一旦チェインをどこかにジョイニングし、その後そのままチェインを
作り続けるときに使われることが多いです。

パターンによっては、それ以外のときにもロックジョインする場合もあります。


基本は、ダブルステッチの山側でジョイニングするときは普通のジョイニング、
ステッチの下側でジョイニングするときは、ロックジョインをすると考えればいいでしょう。

lkj08

 黄色のリングは普通のジョイニング、
 ピンクのリングはロックジョインでつないであります。


Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。