スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェインからはじめるとき(タティングレース)
今回は、チェインから作り始めるときの先端の処理の仕方について。

普通、ほとんどのパターンは、リングから作り始めます。
でもたまに、チェインから作り始めるものもあります。

たとえば、こんな4つ葉の茎の先端部分(赤丸の部分)のような場合。
chain_start00

シャトル糸とボール糸を結んで作り始める場合は、
普通の糸隠しのように、糸端をダブルステッチの中に隠していきます。
chain_start01
chain_start02
chain_start03


1色使いで結び目が無い状態で作り始める場合、
まず、最初のダブルステッチを作る位置で、
糸を輪状にして作り始めの位置をつまみ、
chain_start04
chain_start05

ダブルステッチを作ったときに輪(青色)が残っている状態にします。
chain_start06

そのまま2~3目つくり足したら、シャトル糸を引っ張って、
chain_start07

先端に残った輪を小さくしていき、完全に引っ張ります。
chain_start08


めったにでてこない先端の処理の方法ですが、
覚えておくといいですよ。

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。