スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
糸の出方(タティングレース)
ダブルステッチを作る時、

 糸が左側と右側(または上下)に自然に分かれている状態

で、作りはじめます。

作り出し位置の糸が隣同士(黄色丸部分)にあり、
常に「ハの字(赤線)」に出るようにします。
Ito-de 1


このようなパターンの場合、フローティングリングは
上側のシャトル(ピンクの糸)で作ります。
Ito-de 2

「ハの字」の状態から、次の目を作り出すと、きれいに仕上がります。
Ito-de 3


*** 「ハの字」にならないケース(1) ***

2シャトル使いでどちらのシャトルを使って作るかによって、
ステッチの作り始めの糸の出方が、ハの字にならない場合があります。

例えば、フローティングリングを下側のシャトル(青の糸)で作ると
このようになります。
Ito-de 4

このような場合、次の目を無理やり作ることもできますが、
ねじれたり引きつれたりするため、仕上がりがいまいちです。
Ito-de 5


*** 「ハの字」にならないケース(2) ***

RW、STRWなどの反転作業時、
反転方向を間違えて糸が交差してしまった場合は、
このまま作ると、ねじれの原因になるので、
Ito-de 6

シャトルの配置を変えて糸の交差をなくします。
Ito-de 7


どんな場合でも、必ず、作り出し位置の糸の状態が、

  「ハの字」

になるようにしましょう。


Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。